コンサルタント紹介1

一棟マンション+非公開物件+管理+リフォーム+失敗しない不動産経営

現在ページのリニューアル作業中です。
申し訳ございませんが、リニューアル作業完了まで今暫くお待ちください。

どこよりも厳しい基準で物件を見極めるコンサルタント オーナー様とは「運命共同体」ですから― 管理部物件管理課 大呂元尋

Profile

座右の銘
誠心誠意
趣味・休日の過ごし方
映画鑑賞・小旅行
日々心がけていること
目先のことに惑わされず、長期的な視野で最良の選択をすること。

業務内容について

お客様にご提案する物件の仕入れを行っています。その物件の賃貸契約内容を精査するのはもちろんのこと、修繕履歴や周辺の賃貸需要・相場を入念に調べ、長期的に収益が安定する物件かどうかを徹底調査しています。また、調査して終わりではなく、今後予想される備品の交換費・修理費を試算し、必要に応じて防水・補修工事まで行なっております。

オンリアライズの特徴は?

当社では、市場に出回る前の非公開物件を徹底調査のうえで仕入れています。徹底した物件調査を行い、厳格な基準をクリアした物件のみを仕入れているのは、当社が「販売して終わり」の会社ではなく、販売後の賃貸管理も手がけているからです。

当社の社員教育は、「お客様との長期的なお付き合い」を前提としたご提案を徹底的に考えることから始まります。仕入れの際には、この理念に根ざした物件を探しますから、当然見る目も厳しくなりますし、期限に追われて妥協することもありません。

私も仕入れの部署に入った当初は、小さな瑕疵を見抜けず、上司に叱責されながらフォローしていただくことも何度かありましたが、その度に会社の理念を再認識しながら、選別眼の精度を上げてきました。今では、「物件にかける想いはどこにも負けない」と自負しています。

仕入れのポイントは?

物件を見極めるポイントは、管理状況・管理実績です。しっかり清掃されているか、築年数に見合った修繕工事がなされているか。同じ築年数の物件でも、管理状況によって状態は全然違ってきますからね。

その物件が歩んできた歴史を明らかにしていく中で、「なぜこの物件は売りに出されたのか?」「なぜ、今まで売れ残っていたのか?」「どんな人が住んでいて、今までどんなトラブルがあったのか」ということまで探っていきます。素人の方がここまで見極めるのは簡単なことではありません。だからこそ、オンリアライズが介在する価値があると思っています。

今後のビジョンは?

売主様との関係性をより深め、商品化前の物件情報などを幅広く収集し、お客様のニーズに適う物件を仕入れていきたいと思っています。私の仕入れた物件を、「大呂さんの物件なら間違いない」と、紹介していただけるようになりたいですね。「収益不動産ならオンリアライズ」と言っていただけるよう、自分の分野で最大限の貢献をしていきたいと思っています。

このサイトを見ている方へ

不動産経営は、今見えている数字だけで判断を下せるものではありません。不動産を取り巻く状況は刻一刻と変わっていくものですから、目先の数字で判断してしまうのは危険です。不動産経営で失敗しないためには、長期的な視点を持つこと、そして購入後の管理に大きく影響する物件の仕入れに目を向けることが、非常に重要だと思います。

当社は、「売って終わり」の会社ではありません。管理までサポートすることを前提にお客様とお付き合いさせていただきますので、当然、時間をかけて入念な物件精査をしたうえで仕入れを行っています。お客様に無責任な物件をご紹介するようなことはありません――これが、オンリアライズからのお約束です。

PAGETOP